小規模事業者持続化補助金一覧

小規模事業者持続化補助金:経営計画書(様式2)のテンプレート

本レポートでは、経営計画書(様式2)を実際にどのように書いていくのかを計画書そのものを使ってテンプレート形式で解説していきます。 小規模事業者持続化補助金の計画書を作成するにあたってのポイントは、①ストーリー性、②一貫性、③革新性、を心掛けて作成に当たる必要があります。

小規模事業者持続化補助金の様式2・3の作成とポイント!

本レポートでは、小規模事業者持続化補助金の「経営計画書」(様式2)と「補助事業計画書」(様式3)を作成するにあたり、計画書がサクサクと作成できるためのポイントをお伝えします。本レポートのポイント!①経営計画書・補助事業計画書の基本構成、②経営計画書と審査項目、③補助事業計画書と審査項目

小規模事業者持続化補助金での採択は「採択審査」を理解する!

小規模事業者持続化補助金で採択されるために最も重要なことは、公募要領にある『採択審査』を理解し、「経営計画書」(様式2)と、「補助事業計画書」(様式3)に端的かつ正確に記載することです。本レポートは、採択されるには絶対に必要な内容ですので必ず順に最後まで読み理解してください。

小規模事業者持続化補助金の受付開始や受付締切など申請手続

①受付開始:2019年4月25日(木)。②受付締切:2019年6月12日(水)[締切日当日消印有効]。 ※複数の屋号を使用している個人事業主も応募は1件のみです。 ※受付締切と手続きの流れのポイントのみをまとめています。詳しくは小規模事業者持続化補助金の公募要項原文でご確認ください。

小規模事業者持続化補助金の補助率は2/3で上限50万円!

【補助率】補助対象経費の3分の2以内【補助上限額】①50万円:75万円以上の補助対象となる事業費に対し50万円を補助。75万円未満の場合はその2/3の金額を補助。②100万円:(1)創業支援等事業の支援を受けた事業者(2)地域再生計画等に沿う買い物弱者対策等の事業。

小規模事業者持続化補助金の補助対象経費!パソコンや自転車は?

補助対象経費とは、補助金がもらえる補助対象となる経費のことです。公募要領では以下の条件をすべて満たすものと示されています。①使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費、②交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費、③証拠資料等によって支払金額が確認できる経費。

小規模事業者持続化補助金の補助対象者 ※非営利は対象外

小規模事業者持続化補助金の補助対象者は、次に掲げる要件をいずれも満たす日本国内に所在する小規模事業者(単独または複数の小規模事業者)であることとされています。(1)小規模事業者であること(2)持続的な経営に向けた経営計画を策定していること(3)暴力団関係者とのかかわりが無いこと